年とともに増えていく髪の毛の悩み

男性にとって年とともに増えていく悩みが髪の毛の薄毛です。近年は男性だけではなく女性にも薄毛で悩んでいる方は増えて来ていますが、男女ともに年とともに薄毛が気になる方は多くいらっしゃるとおもいます。薄毛がどのようになっていくのかというと人それぞれではありますが、だいたい多くは20代半ばころから髪質は少しずつ変化していきます。一番てきめんに影響が出てくるのはお風呂上りのドライヤーです。

http://mmdh.jp/

ドライヤーで髪の毛を乾かす時間が少しづつ短くなっていきます。髪の毛が水分のためておくことができなくなるからです。それとともに30代頃になると季節によって髪の毛が抜けていくようになります。若干は夏と冬で髪の毛は生え変わったりしますが年を取ると抜ける量が少しずつ増えていき、結果髪の毛からボリュームがなくなっていきます。

こうなってくると水分がなくてパサつき、ボリュームもなく見た目が少しづつ変わっていきます。なかなか頭のてっぺんは鏡で見ることは難しいので気づきにくいのですが変化していることに気づきます。20代だからとかまだ若いからとかではなくて早い段階で髪の毛や頭皮のケアをしていく癖をつけておくことは10年後の自分にとって大事になります。無くなった物を増やすのはとても大変なことです。

髪の悩みについて思うこと

私の髪はロングヘアーで真っ黒のまま。
それはなぜかというと、毛量が多く、髪を短く切れば広がってしまったことがあり、そのトラウマからおそらく二十年ほど、ずっとこのままだ。前髪も作らず、ワンレンのまま。それが一番定着し、安心だからだ。

フッサ育毛剤はどの通販サイトが最安値?私の口コミや効果なども大暴露!

それでも、頭を洗い乾かす時、必ずヘアアイロンで真っ直ぐにしなければ、朝起きた時に爆発したようになってしまう。しかも、ヘアアイロンを欠かさずやらなくてはいけないせいで、毛先もパサパサになるし、乾かすのに時間もかかるので、すごく不便なのだ。

だから、毎回美容院に行くたびに縮毛矯正をかけるのだが、しばらくするとまた元通り。その繰り返しなのだ。
毎回毎回、美容師さんとその時の髪の状態を見て、良いトリートメントをしたり、うまくすいてくれたりするのだが、それはやはり一時的でしかない。毎回行くたびに「今回はこんな感じになっちゃいましたかぁ」と美容師さん言われるのがオチである。
どんな技術やトリートメントができても、自分自身が美容師でもないし、技術があるわけではないから、毎日うまくアレンジができるわけでもない。朝だと時間もないし、結局イライラして上手くできない日はひとつ結びかハーフアップ、お団子ヘアにして誤魔化すしかないのだ。どんな不器用な人でも扱えるような髪になるには、どうしたらよいのか、髪の悩みは尽きない。

コロナ自粛中の髪のお手入れ

コロナで自粛中の髪のお手入れはどうされていましたか?

ニューモは販売店で市販されている?効果や私の口コミ体験談など暴露

私はアラフォーのセミロングで、通常は2ヶ月に1回カットをしていました。それがこもコロナで美容室は営業自粛となったため、色々と試して見ました。

まずシャンプーの回数を減らしました。これまでは毎日朝、シャンプーをしてドライヤーで乾かしていたのを、2-3日に1回に変えて見た。匂いも汗をかいたりすると3日目では気になることもありましたが、2日は洗わなくても全く問題がありませんでした。シャンプーしない日はココナッツオイルを毛先と髪の表面につけて、夜は念入りにブラッシングをすることを心がけました。シャンプーとコンディショナーは。いつものお気に入り。シャンプーをした後はやはり髪に艶が出て、指通りが違います。

2、3ヶ月以上髪を切らないと、やはり伸びて量も増え、まとまらなくなります。ステイホームも手伝って、まとまらなくなった髪は一つにまとめて凌ぎました。普段は髪を下ろしていることが多かったので、一つにまとめるだけでも雰囲気が変わり、意外といいかもと新しい発見になりました。

髪のお手入れに関しては、これと言って特別なことはせず、ココナッツオイルだけのシンプルケアで何とか乗り切りました。

これからもシャンプーは2日に1回でいいかなと思います。

これが私の髪にまつわるコロナの恩恵です。