酷暑でマスクすると起こる肌トラブルについて

季節は猛暑となったものの、今なお新型コロナウィルスの感染拡大がとどまることを知らず、マスクを外すことのできない生活を余儀なくされているのが現状だと思います。

もともと夏は、汗を掻きやすいこともあり、女性の場合、お化粧や日焼け止め、さらには強い紫外線によって、お肌はダメージを受けてしまいがちです。特に、脂性肌の人にとっては死活問題だと言えるのが、あせもや大人ニキビや吹き出物だと思います。

評判以上?nicoせっけんの効果や使ってみた口コミなどを完全レポート!

マスクを着用すると、どうしてもマスク内部に熱がこもってしまうので、汗を掻きやすいです。

とはいえ、マスクを取って汗を拭くことのできない状況も多々あるのが現実でしょう。そんなときおすすめしたいのが、マスクの内側にガーゼやキッチンペーパーや小さめにカットした脱脂綿を忍ばせておくことです。

そうすると、吹き出す汗を吸収してくれるので、内側だけ取り替えれば、そのままマスクを着用していても、汚れが直接肌に触れることがありませんので、肌トラブルを防ぐことができます。また、シルク素材や肌への刺激の少ない素材を使用してマスクを自作するのもおすすめです。

夏場の肌荒れやニキビは、毛穴のつまりによるところが大きいので、洗顔する際にも、普段より入念に、しっかりと洗顔フォームを泡立てたり、クレンジングをしっかりすることで、肌を清潔に保つよう意識することが必要だと言えます。