気になっていたしみは・・・

お肌の長年の悩みと言えば、「顔のしみ」でした。もともと色白だけが唯一の自慢だった私。まさに「色白七難隠す」を地で行っていたのですが・・30代前半、右目の下に初めて発見した時のショックと言ったら!!思わず「えっ?えっ?」と二度見したものです。(何故、右目かというとおそらく車の運転が関係していると思われます」

http://www.thejohnlanganband.com/

10代後半にはオイルを付けて海で焼き、スキーなどアウトドアな遊びも大好きでした。20代後半は子供と一緒に毎日外で遊んだ!公園や海、楽しい思い出がいっぱい!、その結果としての「顔のしみ」は、言わば子育ての勲章だと・・!自分を納得させていました。今までいろんな方法を試してきたのですが、効果は出ず、半ば諦めて気にしていなかった昨今。改めて顔を見てみたら・・あれっ?さほど気になりません。見慣れたのか?野菜や果物中心の食生活が良かったのか?

最近使っている韓国コスメが良かったのか?答えはわかりませんが、おそらくずっと一緒の存在なので、馴染んでしまったのではないかと思います。私のしみを見ていた娘は、高校生の頃から美白に余念がありません。もちろん一年中色白でツルツルのお肌。それだけでも良かったかなと思っています。肌質は遺伝しますから・・うちの母も祖母も見えていないところは、白くツルツルのお肌、顔はシミだらけでした。おっと!晩年は皺が沢山でした!!どうしよ~泣