子供の口臭は親の責任

口が臭いというのは、口の中にそれだけ細菌がいるということです。「ちゅらマウス」って市販されてる?使用感や口コミを辛口レビューします!

子供の口臭は大人よりは少ないと思いがちですが、口臭のある子どもというのは、きちんと歯磨きができていない可能性が高いです。小学生まではちゃんと親が仕上げに歯を磨いてあげないと、子供は歯の細かいところまでは自分では磨けません。また、小さい頃からちゃんと歯だけではなく、ベロもケアするということを教えておいた方がよいです。いくら歯磨きだけしても、ベロや口のさまざまなところまで行き届いてなければ、口臭は残ります。

最近は子供用のマウスウォッシュも売っていますので、それを取り入れることも大事です。子供の口臭は学校などで、周りの子から臭いと言われてしまうかもしれませんし、それがきっかけでいじめやからかわれたりするようになってしまうので、親がちゃんと教えてあげることがとても大事です。

子供の場合、歯は小さいのですが、乳歯から大人の歯に変わったら、歯ブラシのサイズも変えることを検討してもよいかもしれません。歯のサイズと歯ブラシのサイズが合わないことでうまく磨けていないかもしれないので、親がしっかりそこも確認しながらがよいと思います。子供の口臭や虫歯は親の責任ですので、しっかりチェックしてあげましょう。