ロングヘアの絡まりを防ぐには

髪を30cm以上伸ばしてはバッサリ切る、ロングとショートの髪型を繰り返しています。エメリルヘアオイル

ショートヘアをキープするにはこまめにカットする必要があるので、伸ばしっぱなしにして、結果ロングヘア、というスタイルです。

そんな楽なロングヘアですが、毎日のドライヤーに時間がかかります。

乾くのに10分はかかります。

10分も熱を髪に当てていると、どうにも毛先の方がパサついてくるのです。

ですので、いかにお手入れをするかがカギとなるのですが、毎日のことですのであまり大層なことをすると続きません。

そこで私が実践していることは、リンスやトリートメントの代わりに、ヘアパックを使うということです。

ヘアパックは本来、週に2、3回ほどの使用で十分効果があるとされている「特別なケア」という位置ですが、これを毎日のお手入れに使ってしまうのです。

ロングヘアはまずシャンプー前に髪をシャワーで流す時点で絡まっている時があります。

これが第一の絡まりです。

余裕があるときは絡まりが取れるまでシャワーで流し続けます。そうすることでよりシャンプーの汚れ落ち効果が高まります。

ですが、余裕のないときは構わずここでシャンプーです。結局ゴシゴシ洗うので、シャンプーを流した時点でまた髪が絡まってしまうのです。

これが第二の絡まりです。

二段階で絡みに絡まった髪の前に登場するのがヘアパックです。髪の隅々までヘアパックをいきわたらせる必要はありません。

主に毛先、残りを髪全体に表面的に塗り、ゴムで髪をまとめ、その間に体を洗います。

その間、多少ヘアパックが垂れてきて目に入って沁みますが、これも慣れです。

体を洗い終えるとヘアパックを流します。

するとどうでしょう、絡まりがすっかりとれているのです。

どんなに適当に塗っても、ヘアパックは短時間で十分に絡まりをとってくれます。

ヘアパックは大体タンク容器に入っていますので、最後まで使い切りやすく、さらにおすすめです。