冬こそUV対策を!!

こんにちは!

まだまだ寒い日が続く1月後半ですが、みなさんはUV対策していますか?
夏の日差しが強い時は日焼け止めを塗るけど冬は気を抜いてしまっている人が多いのではないでしょうか?

紫外線は冬でもゼロにはならないのです(泣)

http://www.henri-courseaux.com/

え?でも冬は日焼けしないよ?
そう思ったアナタ!要注意ですよ!

私たちが普段浴びている紫外線は2種類あります。
・UV-A
・UV-B
というものです。

夏、日焼けを引き起こす紫外線はUVBです。
UV-Bは肌の表面で吸収されるため、日焼け(肌の炎症)やシミ、そばかすの原因となります。
UV-Bは4?9月がピークとなり、冬は夏の1/5まで少なくなります。

一方、UV-Aはというと、1年中油断できない紫外線で、冬でも夏の1/2程度にしかならないのです。
UV-Aは肌の奥深く、真皮層まで吸収されてしまいます。真皮層にはお肌のハリや弾力を生むための細胞があり、それらを傷つけてしまうことによってシワやたるみを引き起こしてしまうのです。

少し、頭の中で思い浮かべてみて下さい。
私たち人はもちろん、犬や猫、その他陸で生活する動物たちは見た目がどんどん老化していきますよね。
老けているな、と感じるのはやはりシミや皮膚のたるみがあるからではないでしょうか?
でも、どうでしょう。海の中で生活する魚はシワもないしパッと見ただけではどれくらい年をとっているのかわかりませんよね。
これはやはり、海の中で紫外線に当たらない生活をしていることが大きいと思います。

お分かりいただけたでしょうか?紫外線による影響がどれほど大きいのか。

お分かりいただけたところで大事なのは、どんな日焼け止めを選べばいいのかですよね。
日焼け止めの表記で悩むのが【SPF】【PA】ですよね。

シワ、たるみの原因UV-Aを防ぐのが【PA】
シミ、そばかすの原因UV-Bを防ぐのが【SPF】

【SPF50 PA++++】が最大の強さの日焼け止めですが、必ずしも強ければ良いというものではありません。
強い日焼け止めというのはそれだけ肌への負担もかかりやすいということです。
日常生活を送る上では【SPF 20PA++】あれば十分なので、時期や、出かける場所、時間などを考えてちょうど良い強さの日焼け止めを選ぶ事が大切ですね!

紫外線による肌トラブルで悩む方はもちろん、まだシミやシワとは無縁だと思っている若い方も、強い紫外線が少ない冬だからこそ、正しいUV対策で肌トラブルの改善、予防をしましょうね!