35歳158センチで45キロをキープする簡単な方法

私は25歳で結婚したのですが、主人はやせてる女性が好みだったらしく、「50キロ超えたら女として見れないから」と言われたのを今でもはっきりと覚えています。ダイエットにおいて最も大切なのは、絶対やせたい!絶対太りたくない!と思う強い意志だと思います。

グラマラスパッツ

私はそのころ47キロだったのですが、結婚して妊娠出産を経験すると女性は一気に太る、その後も太りやすくなると聞き、絶対に中年太りのおばちゃんにはなるまいと強く決心して家事、育児を頑張りました。授乳中は母乳を作るため強烈な食欲に襲われましたが、しっかり三食食べ、乳腺炎になるケーキ等の甘いデザートを食べるのを気を付けました。そのかいあって産後10キロ増えた体重が、一年で47キロに戻すことができました。

その後も太らないように気を付けました。育児中は太りやすい条件が重なっているから特に気を付けたほうがいと思います。まずごはんの時、子供の残り物をもったいないからと食べてしまったり、子供のおやつタイムなのに自分もついつい同じ物を一緒に食べたり、育児のストレスからドカ食いしたりしないように気を付けることが大切だと思います。太ってしまうのは摂取カロリーが消費カロリーを上回るから太るのであるから、摂取カロリーを控えるのが重要です。しかし、断食や無理な食事制限ではカロリーを消費するために必要な筋肉も維持できなくなるので、きちんと三食食べて体に必要な栄養を補い、余分な間食を減らすのがダイエットでは大切です。

私は間食に気を付け、毎日10分間の簡単な筋力トレーニングを続けることで、35歳158センチで45キロをキープできています。

ニキビなんて大っ嫌い

私は、今まで生きてきた中で、ニキビに悩まされ続けてました。昔は、赤みが出てきてしまうニキビ。若干、かゆくて痛くて大変でした。今なってしまうニキビは、もっと醜い黒ニキビ。このニキビは、なぜか黒いシミのようになってしまいます。

http://www.genevievesimms.com/

そんなニキビと私の戦いの履歴ですが、まずは、化粧品を端から試しました。しかし、悲しいことに私は、敏感肌らしく、逆効果で荒れてしまいました。それから、本気で調べて、チョコレートや油の多いものを控えたりしてみましたが、無意味でした。いくらやろうと、減りはしません。そのあとは、テレビで見た米のとぎ汁で、顔を洗うのを試してみました。不思議なことに、かゆみは抑えられました。ニキビは減ることは、ありませんでしたが……

思春期を終えてから、大分よくなってきましたが、生理前には、ニキビが増えて、むくみ、悲惨なことになってしまいます。

いろんなことを試した結果、諦めて触らないが一番と感じました。触ると早く治るものの、後に残ったり、クレーターという凸凹が出てきてしまいます。一番良いのは我慢。もしくは、病院へ行き、自分に合った量の薬を出してもらうことだと思います。体重などで、変わるらしいので、他人のは使わないことをお勧めします

40代男性も気になるシワの改善方法について

シワの悩みと言うとつい女性の悩みとして挙げられますが、それは男性でも同じなのです。特に40代を過ぎると男性も目や頬、そして首筋にシワが出来ます。

http://www.deepklassified.com/

男性は少々老けた方が渋みが出ると言いますが、でもなるべくならシワがない方が今の時代の象徴となるアンチエイジングに適した肌の状態となります。

また男性は女性と違って日々のスキンケアを行っていなかったり女性ほど細目に手入れをしていない物です。

そんな中で最近では化粧品店でも男性用の化粧水やクリームが売っていますのでシワが気になる方は是非スキンケアを始めてみると良いでしょう。

特に40代になると一般的に言われる肌の老化が始まったり、重力の法則に従ってシワが目立ちやすくなります。ですので皮膚が柔らかくシワができやすい目じりや頬、首については特に冬場には乾燥を防ぐ為に入浴後には化粧水を肌にしみ込ませて保湿をする為にクリームを塗る様にしましょう。1日、2日でシワが治る訳ではありませんが、きちんと毎日継続していれば段々と肌に潤いが戻りシワやたるみが目立たなくなって行きます。特に人前に出る営業や販売職の方は相手から顏を見られる事が多いですので悪い印象を与えない様に40代になったらシワの改善を心掛ける事でいつまでも若々しい男性でいられる事ができます。

お肌に対する悩み…一番はいちご鼻

お肌に対する悩みはいろいろあります…。アスハダを3ヶ月間使った効果

その中でもやはり一番の悩みは、昔にやりまくってしまった「すっきり系鼻パック」の後遺症である「鼻の毛穴」です。

鏡を見ると、毛穴に角栓が詰まっているのが丸見えなので、それをぎゅうっと出したくなってしまいます。

ぎゅうっと絞りだすと気持ちがいいので、ついついやってしまいます。それで、鼻の毛穴はぽっかり開いてしまって、さらに大きな角栓ができるという負のルーティーンです。

年齢とともに頬の毛穴、顔色のくすみ、夏に焼けたら戻らない…など、問題が勃発しています。

脂症なので、にきびとも言えない吹き出物も出ます。(特にこめかみやあごのあたりに出るのです。こめかみはストレス、あごは胃腸のせいだと言われていますが)

スキンケアをすればするほど汚くなっていくような感じがして、正直、どのようにすればいいのか分からないほどです。

たまにやたらと綺麗な肌をしている人を見かけますが、生まれつきなんでしょうか。うらやましい限りだなぁと見惚れてしまいます。

便秘の人の肌は荒れやすく、便通がいいと肌も綺麗…なんてことをよく聞きますが、私は毎日快便で、一日も出ないという日がないほどです。

だからあの情報は信憑性がないと思いますね。美肌になりたいです!

首にイボができた時にどうしたらいいのか

ある日、首にポツンとイボのようなものができました。若い時には、なかったので、初めてです。http://www.arswr2018.org/

そういえば、昔、母の首にもイボがあったのを思い出しました。そして、首にできたのは初めてですが、その前に、わきの下にもできていたのです。ワキですから見えないですが、気になっていました。首は見える場所なので、さらに気になります。これは首イボなどと呼ばれ年齢を重ねるとできるようになってしまうものらしいです。

病院で処理すると、1万円かかるなどと書かれているネット記事もありましたが、それはないと思います。シミのレーザー治療はそれくらいらしいですが、首イボは、たくさんできるものなので、1個にそんなにかかっていたら、たまったものではありません。千円くらいでできるようです。病院により、人により違うと思うので、それは皮膚科の先生と相談するのが良いかと。

でも、私はまだ病院には怖いのでいっていません。ハトムギがイボにいいらしいので、はと麦茶を飲んでみています。時間がかかると思いますが。漢方ではヨクイニンというものがあります。甲状腺機能亢進症の方は悪化するので飲めないそうです。ハトムギ化粧水なんかもよいのかなあと思っています。

13キロ痩せたダイエット法

ストレスで甘いものを深夜に食べたり、好きなものを好きなだけ食べていたらあっという間に太り、自律神経がおかしくなったのでダイエットを決意することに。。。

http://corkswinecobluffton.com/

いろいろ試してみたのでどれが効いたのかわからないけど1年半かけて13キロ痩せたので参考にしてください。
・寝かせ玄米:玄米と小豆や雑穀米を炊いてから、1週間保温ジャーで発酵させてから食べる方法です。しっかり発酵が進んでからのほうかもっちりしていておいしいです。飽きてきたらラップでおにぎりにして、丸く潰してからフライパンでおせんべいのように焼いて食べるとおやつにもなるし香ばしくておいしいです。

・オクラスープ・味噌汁:おなかがゆるくなったので毎日飲んでいた。オクラのネバネバが効いたのかおなかも治り調子がよかったです。
・プールで歩く:激しい運動ができなかったので、水圧を利用して歩くことから始めました。
・水中プログラム:簡単アクアエアロビクスや水中ダンベルなど、音楽に合わせながら楽しく体を動かすことで、半年くらい続けてからどんどん体重が落ち始めました。

・ココナッツオイル:純度が高いオイルをお茶やコーヒーを飲むときに一緒に取るようにしました。
・コンブチャ:原液で飲んだり、水で割って飲んだり、置き換えダイエットで使用しないで、ご褒美感覚で飲んでいました。
・野菜をしっかり取り、よく噛んで食べる。
・睡眠をしっかり取る。
・規則正しい生活。毎日5時起床、ストレッチをして、早朝バイトで体を動かすようにしていました。夜も21~22時には寝るようにしていました。

ダイエットは算数。公式を覚えれば必ず痩せることができる

ダイエットとは痩せること。

痩せることは算数を実践することです。それを理解し、実践することができれば100%痩せることは可能です。

曖昧な状態でスタートすると途中でルールや管理が甘くなり、中途半端な状態が継続し、その結果、成果が出ずにリタイアしてしまうシーケンスに突入してしまいます。

あえて、数学ではなく算数と表現したのは、非常に簡単に取り組むことができるからです。

食べた物はインプット。つまりカロリーの足し算です。

体を動かしたり、生命維持に必要なエネルギーは引き算です。この公式を数値化し、管理すれば理論上確実に痩せることが可能です。

最近では、食べ物に目安のカロリーが書いてあるので、まずはそれを必ず確認するようにします。

すると正確にわからずとも、今晩の晩ごはんのカロリーはどれくらいなのかを概ね図ることが可能です。単位は100単位で構いません。

次の消費カロリーですが、基礎代謝として1000~1500ほど見ておけばOKです。そこに運動で消費したカロリーをプラスすれば計算に必要な数字は出てきます。

今はスマートフォンやウェアラブルを使えば、消費カロリーを自動計算してくれます。これを週単位で必ずマイナスになるようにしてください。

週単位がミソです。無理な目標は必ず挫折します。飲み会にも参加してOKです。ただし、プラスに振れた分は必ずその週のうちにマイナスに戻してください。

それで確実に目標体重まで落とすことができました。おすすめです。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

私が今までおこなったダイエット

私はずっと太っていたのでダイエットは身近にあるものでした。10代はTVで放送されていたダイエット方法

を見たりすると必ず試しました。けれど食べ物や健康食品などのたぐいのものは

殆どが続かなかったのを覚えています。一番は身体を動かすことで体力があまりない私は歩くことから始めました。

何もないところを歩くのはやはりつまらなかったので、

街中に出てお店を見回ったりしました。すると気分転換にもなり

どんなふうに街が造られていくのか?なんてことを考えたりもしました。

一番の気分転換で運動にもなったのは東京に出かけられたこと。

特に東京は駅に階段が多いのでこの階段の上り下りでもハードな運動になります。

そして高層ビルで有名な東京ですが意外と自然がたくさんあります。

青山、日比谷公園、皇居、明治神宮。殆どがきちんと管理されていて手入れが

行き届いており自然を鑑賞するのにも最高のスポットでした。

無理をしたりすると、リバウンドをしてしまいます。

今は、よく食べ、なるだけ身体を動かして、そして睡眠をとるように心がけ

自分のライフスタイルを管理するダイエットをしています。

例えば食べたものを簡単に記録する、

必ずお腹が好いたときに食べるようにしました。そうすると思いのほか

無理をして義務として食事をしていることに気づきました。

今はまだ結果は出ていませんが

メンタルの安定にもつながっているのでいい傾向だと思っています。

何事も無理は禁物です。健康的に楽しみながら自分で創意工夫してやってみると

つづくかもしれません。

良いダイエット悪いダイエット

10代からいろんなダイエットを経験してきました。

その中で効果があったもの逆効果だったものを書きます、

<失敗したダイエット>

①糖質制限→体重は確実に落ち2週間で5キロ減。お肉は食べ放題なので辛くはない。体臭や口臭がキツくなり断念。白米を食べるようになるとあっという間に元の体重に。

②おやつを和菓子に変更→逆に体重と体脂肪が増えた。

③お腹が空いたら蒟蒻ゼリー→お腹を壊しやすくなり逆に体重と体脂肪が増えた。

④お腹がすいたら冷凍果物か100%ジュース→なぜか太った。

⑤食事前にギムネマサプリ→目に見えた効果はなし

⑦ウォーキング→食事制限をプラスしないと目に見えた効果なし

⑧チョコやお菓子を手作りでヘルシーにする→材料費がすごくかかり、満足感も低いし、食べすぎてしまう。

<効果があったダイエット>

三食和食で砂糖、白米、麺類、パン、油を控える方法が一番効果がありました。

糖質制限ほど極端にはせず、野菜をたくさんとって、できる限り動く。

味噌汁、サラダ、漬物がオススメです。

これに水泳を加えると確実に体重が落ちます。

シンプルですかこれが一番痩せる方法でした。

流行りのダイエットはいろいろありますが、偏ったものは続かないし効果のないものが多かったです。

体重の可視化でダイエット成功!

ダイエットを始めても、体重が全然減らない、飲み会でリバウンドする、と何度も嫌気がさして挫折してきた私でしたが、体重計を買い直してダイエットに成功しました!!

体重計にのるだけで9種類の数値を確認することができ、スマホにデータが送信され、グラフ化されていきます。

・筋トレをした翌日は体重は減ってないけど、体脂肪率が若干減っている!!

・あんま体重減ってないと思ってたけど、日々の積み重ねで3ヶ月単位でいえば減ってる!!

などに気づくことができます。

毎朝体重計にのる習慣をつけ、グラフを見ていると、少しずつの努力が、ちゃんと数字に反映されていくことが分かるので、モチベーションを保つのに非常に役立ちました!!

また、ダイエット方法も以前までは食事を減らそうとして、やっぱり食べてしまう、、、を繰り返していたのぇ、体重計で数値を測ってガッツポーズや少し落ち込んだ直後に、もっと頑張るぞということで筋トレの時間をとり、日々筋トレをすることに成功しました!

ジムに行くのは面倒だと思ってしまう性格なので、動画で誰かと一緒に行なっている感覚になれるアプリを探して宅トレをするのが結局1番長く続いています。

目標体重を達成することはできたので、ここからは体脂肪率との戦いです!頑張ります!